タイツのデニール比較!実際に履いて比べてみました♡

タイツをデニール別に並べた写真


タイツの”デニール”について徹底解説します♡

タイツをお店で購入するとき、デニール数を見て選びますよね。
しかし実際どれくらいの厚み・色味になるのかってハッキリとはわからない*

そこで今回Mimia編集部はタイツの”デニール”について徹底研究!
デニール数ごとの厚みや暖かみを全部履き比べて確認してみました♡

タイツを履いて撮った画像

タイツの”デニール”とは♡

タイツの”デニール”とは、タイツの素材となる糸の太さの単位のこと♡
デニール数が高いというのは編み込まれた糸の量が多いのではなく、そもそもの糸が太いだけ*
メーカーにもよりますが、デニールは30,40,50,60,80,110ごとの単位で展開されることが多いと思います。
また、デニール数が30未満になると”ストッキング”30以上になると”タイツ”と呼ばれるようです。

デニール数が高くなると保温性が高くなる♡

タイツのデニール数が高まると保温性がアップします♡
例えば何も履いていない状態を0とした場合、30デニールのタイツを履くと保温性が12%もアップ♩

保温性を示す画像
参照:RELISH

保温率がアップするならタイツを履いていたほうが絶対暖かい♡

デニール数別の見た目を比較♡

デニール数別の見た目って気になりますよね♡
そこでMimia編集部ではタイツのデニール別の見た目や使い心地を検証するため、tutuannaのタイツを30デニールから110デニールまで6点購入しました!

  • 30デニール
  • 40デニール
  • 50デニール
  • 60デニール
  • 80デニール
  • 110デニール

購入したタイツを1つずつ履いてみたので履き心地や見た目をお伝えします♡

タイツをデニール別に並べた写真

見た目を比較♡

Mimiaのコーディネーターが実際に履いて写真を撮り、無加工で並べて比較をしてみました♡笑
並べてみるとこんな感じ♩

デニール比較画像

見た目ではっきり違いがわかるのは30,40,50デニール♡
60デニールめからはぱっと見違いがわかりませんでした。
30デニールは足先も透けていますが、40デニールからはすね部分のみ透けている印象*

また、60デニールから110デニールは間近で見ても、見た目は殆ど一緒です。
じっくりみて110デニールは漆黒感があるぐらい*

デニール比較60デニールから110デニール

デニールごとの履き心地について♡

見た目も大事だけど履き心地だって大事♡
30デニールから110デニールまで履いてみて、意外とデニールごとに暖かみや心地よさに違いがあることがわかりました*
実際に履いて感じた履き心地を1つずつまとめてお伝えします♡

30デニールの履き心地

30デニールの履き心地は、ストッキングよりは暖かいけど軽やかでとっても動きやすい♩
涼しさもありますが、13度くらいの気温なら耐えられそう*

30デニール

40デニールの履き心地

40デニールの履き心地は、30デニールよりも断然暖かいと感じました!
しかし5度程度の気温には寒いかもしれません*
まだ足を延ばしていても透明感があり、少し軽やかな履き心地でした。

40デニール

50デニールの履き心地

50デニールの履き心地は、40デニールよりもやや暖かいなという印象です*
50デニールぐらいから透明感が薄れてきて、足を曲げて透ける程度かも。

50デニール

60デニールの履き心地

60デニールの履き心地は、「これぞタイツ♡」ってくらいに安心感ある暖かさ♡
履いただけで厚みを感じ、透け感は殆どありません。
風が強く当たっても少し冷えるなといった印象かも*

60デニール

80デニールの履き心地

80デニールの履き心地は、もうパンツを履いてるんじゃないかってくらいに暖かい♡
履いた瞬間にもう暖かくてタイツの保温性の高さを実感させられます♡
風が強く気温5度以下の寒い日には、80デニール以上がオススメかも*

80デニール

110デニールの履き心地

110デニールの履き心地は、80デニールより少し暖かいなという印象です*
驚くほど違いがあったわけではありませんが、厚手感はどれよりも高く安心感はありました♡
雨の日や気温が0度に近い日には110デニール以上を選んでおいたほうがいいと思います。

110デニール

コーデ別に最適なデニール数は?

30~40デニールと60~110デニールでは見た目も体感温度も変わりることが分かりました*
そこでコーデに合わせたデニール数をご提案したいと思います♡
タイツ選びをするときに、コーデの色味と合わせてバランスの良い透け感のタイツを選びましょう♩

淡い色味のコーデなら透け感のある30~40デニールを選ぶ♡

サックスブルーやライトグレーなど淡い色味のコーデには、透け感のあるタイツを合わせるとバランスがGood♩
透け感のないブラックを選ぶと足元が重くなってしまいます*
選ぶのにオススメのデニール数は、30~40デニールです!

Stola. ストラさん(@stola.jp)がシェアした投稿

ハッキリとした色味のコーデには60~110デニールがオススメ♡

ブルーやレッド、ショッキングピンクなどのハッキリとした色味には黒味の強いタイツ選びがオススメ♡
コーデにツヤ感がある場合は透け感を取り入れてもいいかもしれませんが、黒味の強いタイツのほうがバランスの良く着こなせます*
選ぶのにオススメのデニール数は60~110デニールです♡

momo♡さん(@Mimia_momo)がシェアした投稿

気になるデニール数ランキングは?

世の中のオシャレさん達はどのデニール数のタイツを選んでいるのか気になったので調べてみました!
美容や健康に関するメディアサイト『Beauty & Co.』による”履きたいストッキング・タイツ・デニールアンケート”の調査結果によると、

  • 1位は80デニール以上・・・36.6%
  • 2位は黒ストッキング(30デニール未満)・・・26.7%
  • 3位が60デニール・・・19.8%

という結果のようです。
秋シーズンは黒ストッキング、冬シーズンは80以上のタイツを選んでいるのかもしれません。
オーソドックスなデニール数は80デニール前後なんですね*

秋冬履きたいストッキング・タイツ・デニールアンケートの結果図
参照:Creative survey

透け感重視なら40デニール前後、暖か重視なら80デニール前後がオススメ♡

デニール別にタイツを履いた結果、デニールそれぞれの違いを実感することができました。
選ぶデニール数によって透け感や保温性が変わるのでコーデの見た目も全く変わり、過ごす気持ちも変わってきます*
デニール別にタイツを履いた結果、Mimia編集部では以下のような結論にまとまりました♡笑

  • 透け感重視なら30~40デニールがオススメ
  • 暖か重視なら60~110デニールがオススメ

どういった内容が一番重要なのか買う前に考えておくと困らないと思います*
また、「足を細く見せたい!」という場合には透け感があったほうが細く見える場合があります。
しかしその日のコーデのバランスによっては逆効果となってしまうこともあるので、着る服と合わせながらチョイスしてみてね♩

注意※この記事はタイツの質感や品質・特性を保証するものではありません。

タイツをデニール別に並べた写真