洗濯表示の正しい見方は?大事なお洋服をきちんと洗う方法を教えます♩

洗濯表示


洗濯表示を理解して、大事なお洋服を大切に洗いましょう

大切なお洋服をみなさんどのようにしてお洗濯されていますか?
適当に洗濯するよりも、洗濯方法を正しく理解することで、大事なお洋服の寿命が1年近く伸びると言われています。
カシミヤやコットン、フェザーなど繊細な素材も洗濯表示を理解しておかなければ、たった1回のお洗濯ですぐ使えなくなってしまうことも*
今回、洗濯表示の正しい見方や意味を説明するので、ぜひ今日からお洗濯表示を確認して、大事なお洋服を大切に洗濯してみてください♩

洗濯表示

まずいつの洗濯表示なのか理解する

実は2016年12月以降に洗濯表示の方式が改変されました。
2016年12月以前に生産されたアイテムは洗濯表示が古い可能性があります*
そのためまず大事なお洋服の洗濯表示を確認して、いつの表記なのか確認しておきましょう!
以下の写真図から、上部と同じようなマークがあった場合は新しい洗濯表示のもの、下部と同じようなマークがあった場合は古い洗濯表示のものになります。

洗濯表示NEWorOLD
※洗濯表示の新規(NEW)と旧式(OLD)のロゴは縦ごとに同じジャンルであることを指しますが、同じ意味を持つものではありません。

洗濯表示のマークを1つ1つ理解しよう

大事なお洋服を長く大切に着続けるために、洗濯表示のマーク1つ1つを理解していきましょう♩
洗濯表示には、新式でも旧式でも洗濯において必要な4つの方式が記載されています。

  • 洗い方
  • 干し方
  • アイロンの仕上げ方
  • クリーニングが必要か否か

旧式の場合、干し方の1つとして絞り方が記載されていることもありますが大枠この4点を理解しておくといいでしょう。
洗濯表示のマークの意味を新式と旧式別にご紹介します。

新式の洗濯表示の見方を見たい方はこちら♡
旧式の洗濯表示の見方を見たい方はこちら♡

新式の洗濯表示の意味や見方

2016年12月以降に制定された洗濯表示を確認しましょう。

洗い方

洗い方には2つの処理方法があります。
1つは洗濯機や手洗い等を含む『洗濯処理』、もう1つは漂白剤が使えるかどうかの『漂白処理』です。

洗濯処理について

新式の洗濯処理は、洗濯機の場合水温限度を30度に定め適切な強度をマークで示しています。
また、手洗いの水温限度は40度で手洗いができるか、できないかの2択となっています。

漂白処理について

漂白処理は非常に気を付けて理解してほしい内容で、塩素系が利用できるかどうか、また漂白自体できるかどうかが記載されています。
漂白処理の見方を理解せずに色物の洋服を塩素系漂白剤にかけると、色が抜けて台無しになってしまうこともあるため注意です!

新式の洗い方
参照:洗ってダメージケア アクロン

干し方について

洗濯表示の干し方は大きく2つに分かれます。
方法は『自然乾燥』と『タンブル乾燥』に分かれ、それぞれ細かい内容でマークが定められているようです。

自然乾燥について

『自然乾燥』はその名のとおり乾燥機を使わず部屋や外に干すやり方のこと。
自然乾燥の場合気を付けなければならないのは、日向によって服の色があせてしまったり、ハンガーによって型崩れが発生するなど、干し方ひとつ間違えると綺麗なシルエットやデザインを台無しにしてしまいます。
とても細かいぶん、リスクが大きい内容なので、必ず理解できるようにしておきましょう*

タンブル乾燥について

タンブル乾燥というのは、基本的に乾燥機を利用する場合を意味します。
洗濯機に搭載された乾燥機のほか、浴室乾燥機やヒーターでの乾燥においても排気温度を守るように意識しましょう。

新式の干し方
参照:洗ってダメージケア アクロン

アイロンの仕上げ方について

アイロンの仕上げ方は4つの方法で定められています。
アイロンの上限温度が110度、150度、200度と分かれ、絵だけでは理解できない細かい温度設定に*
洗濯表示を確認せず、紺のブレザーやシルクアイテムなど高熱でアイロンを当ててしまうとテカリがでてしまうこともあるので必ず確認するようにしましょう。

アイロンの仕上げ方
参照:洗ってダメージケア アクロン

クリーニングの必要可否について

以下の写真図のようにクリーニング専門マークがついていると、機械によるお洗濯はできない可能性があります。
クリーニング屋さんに洋服を預ければ、基本マークの意味を深く知っておく必要はありませんがクリーニングが必要なアイテムなのかどうか見極められるようになりましょう*

クリーニング
参照:洗ってダメージケア アクロン

旧式の洗濯表示の意味や見方

2016年12月より前の旧式洗濯表示も理解しておきましょう♩

洗い方

旧式の洗い方にも『洗濯処理』と『漂白処理』があり、新式よりも内容がややこしいかもしれません*
『洗濯処理』は洗濯機での温度及び強弱設定、『漂白処理』は塩素系漂白剤の利用可否を意味します。

洗濯処理

洗濯処理には4つのマークがあり、水温上限が40度、水温上限が30度で弱水流または弱めの手洗いが可能というややこしい表記も。
とてもわかりずらい表記ではありますが、新式と同様に水温上限は30度前後で理解しておくといいと思います。

漂白処理

旧式の漂白処理には新式と違って塩素系漂白剤が使えるかどうかだけ記載されています。
漂白剤の利用可否に対する理解は非常に大事なので、ホワイトのお洋服でも塩素系漂白剤が利用できない場合には漂白剤の利用を控えたほうがいいかもしれません。

旧式の洗濯処理と漂白処理
参照:洗ってダメージケア アクロン

絞り方について

旧式には絞り方という洗濯表記があります。
現在の洗濯機の脱水機能は優秀なのであまり気にすることはありませんが、手絞りの加減がわかるようになっています。

絞り方
参照:洗ってダメージケア アクロン

干し方について

旧式の干し方は新式よりもライトな内容*
日陰で干すべきか平干しするべきかなど簡単ではありますが4つのマークで表現されています。

旧式の干し方
参照:洗ってダメージケア アクロン

アイロンのかけ方について

旧式のアイロンのかけ方には上限温度だけではなく、適切な温度も記載されています*
新式とは違った設定温度なので、旧式の上限温度を必ず理解しておきましょう。

旧式のアイロンの仕上げ方
参照:洗ってダメージケア アクロン

クリーニングの必要可否について

旧式も以下のようなクリーニング必要マークが表示されていると洗濯機での洗濯ができない可能性があります。
また、水洗いができない場合もあるので注意が必要です。

旧式のクリーニング可否
参照:洗ってダメージケア アクロン

洗濯表示の意味をしっかり理解して大事なお洋服を長持ちに♡

大事なお洋服って満足するまで長く大切に着続けたいもの。
正しいお洗濯をしていけば、大切なお洋服も長持ちするし、型崩れを防げるはず♡
洗濯表示の意味を理解して、お洋服を大切に着続けていきましょう。

大切なお洋服
ライター紹介
momo♡
Mimia編集長 兼スタイリストmomoです♡
普段31sonsdemodeやnoela,WILLSELECTIONなど大人可愛いファッションブランドが好きでよく着ています。
Mimiaを通して女性がもっと気軽にファッションを楽しめますように♡
≪大手ファッションブランドでファッションコーディネートアドバイザーとして4年勤務,身長147cm≫
momoのインスタグラムはこちら♡