初詣の服装は完璧?参拝マナーや初詣デートに間違いのないコーデとは

初詣の服装アイキャッチ


初詣の服装や基本マナーを知って素敵女子に*

初詣には参拝マナーが存在しているのは知っていますか?
実は初詣へ着ていく服装にも決まりがあるのです。
しっかりと基本の参拝マナーにのっとった、服装を覚えておきましょう♩

初詣は神社とお寺はどっち?

神社には神様が、お寺には仏様がまつられています*
初詣は神社とお寺のどちらも参拝が可能です。

しかし、神社とお寺では参拝の作法が違うことは皆さんご存知ですか?
初詣で参拝する先でマナーに則ったお参りをするために確認をしてみましょう♩

【神社】初詣に役立つ参拝マナー

まず神社の参拝ルールをわかりやすく順を追って説明していきます。

1.鳥居前で一礼してくぐる

鳥居をくぐる前に、必ず一礼をしてくぐりましょう。
さらに境内を歩く場合、右はじか左はじを歩くのが基本!
道の真ん中は神様が通る道であるため、避けて歩くよう心がけましょう*

2.手水舎で自分の手を清める

一連の流れを説明します*

  1. 右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、たっぷり水を汲みます。
  2. 左手に少量かけて、左手を清めます。
  3. 柄杓を左手に持ち替えて、同様に右手を清めます。
  4. 再度右手に持ち替え、左手で水を受けて口をすすぎます。
  5. 改めて左手を清めます。
  6. 柄杓を縦に持ち替え、残った水で柄杓の柄(持ち手)を清め元に戻す。

以上が手水舎での一連の流れです*

注意点は、柄杓に汲んだ水を途中で使い切らないこと!
しっかりと柄杓の水は、最後まで少しずつ意識をして使いましょう。

さらに柄杓を直接口へつけるのもNGです*
水を口に含んでの、うがいや飲んでしまうのもマナー違反なので注意しましょう!
手水舎画像

3.二礼二拍手一礼!本殿でしっかり神様に挨拶をする

本殿についたら参拝の流れに沿ってお参りをしましょう。

  1. お賽銭箱にそっと両手でお賽銭を入れる
  2. 姿勢を正して、鈴がある場合は鳴らしましょう
  3. 本殿に向かって、腰を90度に折って深く2回お辞儀をする
  4. 胸の高さで2回手を鳴らし、そのまま合唱した状態で神様にご挨拶
  5. ご挨拶後もう一度深くお辞儀します

大きな神社の中には本殿の他、末社・摂社という小さな神社がいくつかある場合もあります。
そういったときはしっかり本殿から順にご挨拶をしていきましょう。

4.鳥居前で一礼してから帰る

参拝後の帰り道行きと同様、しっかりと鳥居を出る際に挨拶を行いましょう。
その際境内を向いての挨拶が肝心です!
最後まで丁寧にしっかりと行いましょう♡

【お寺】初詣に役立つ参拝マナー

1.山門前で一礼後敷居を踏まずに通る

山門(お寺の正門)の前で一礼して右足からお寺に入ります。
その際敷居を踏まないのがルール!
きちんとまたいで通りましょう*

2.神社での手水舎同様自分の手を清める

手水舎でお清めする流れは神社同様*
しっかりと覚えておきましょう

神社の手水舎作法についての解説はこちら♡
神社の手水舎作法を分かりやすく解説

3.合掌で仏様に感謝とご挨拶をする

ここから神社との参拝方法が大きく異なってくるので注目!

  1. 本堂や本尊の前で一礼して、お賽銭箱にそっとお賽銭を入れる。
  2. 鳴らしものがあれば1回鳴らす。
  3. そっと手を合わせて合掌し、仏様に感謝とご挨拶をする。
  4. 最後に一礼をする

お寺に行くとおみくじなどを引きたくなることも…。
そういった場合はしっかりと本堂にご挨拶後、行うのが礼儀*
きちんと心のこもったご挨拶を心掛けましょう。

4.山門前で帰りも一礼して敷居も踏まない

帰りも行き同様、一礼を行ってから山門の敷居を跨がずに外へ出ましょう。

こういった一連の流れが終了して、お参りを無事終わらせることができます♩
是非皆さんも参拝の流れをしっかりと覚えておきましょう*

【動画で確認】お寺での参拝のお作法

神社とは違うお寺での参拝方法は、具体的に知りたい方も多いはず…。
YouTubeに参考となる参拝方法の動画がアップされているので、ぜひ参考にしてみてください♡

初詣で失敗しない神社やお寺の服装ルールは?

実際こういった服装でないとお参りは行ってはいけないなどの決まりはありません*
しかし、神様や仏様に対して失礼のないような着こなしをするのが素敵女子の基本。
極力避けた方が良い服装をご紹介します!

参拝はキレイな靴で参拝しよう

一般の参拝であれば、スニーカーやヒール、ブーツなどもOK♡
場所によっては本殿まで並んだり、山道を歩くため履物は予定などに合わせて選びましょう♩
その際注意したいのが、履き物の清潔さ*
新品でなくてはならない理由はありませんが、参拝時にできるだけ綺麗な靴を選んで履いていきましょう♩
パンプスの画像

露出の多い格好は避ける

神社は聖域なので、露出が目立つような格好は避けましょう。
出来るだけきれいめで、丈の長い服装選びをオススメします♡
さらにストッキング着用をするとなお良し*
半ズボンやミニ丈スカート、サンダル等はできるだけ避けてコーデを考えましょう♩
女性の脚の画像

帽子やサングラス、マスクは鳥居をくぐる前に外す

帽子着用してお出かけする方は、参拝時には鳥居前にて外しましょう。
サングラスなども同様です!
マスクの場合、理由があって着用している方は一時的に外して挨拶をすることをオススメします♡
帽子画像

死を連想させるアイテムを着用しない

神様は不浄を好みません!
アニマル柄の服装は、出来るだけ参拝時には着用しないほうがいいでしょう。
動物の革で出来たカバンや、毛皮もNGです*

デニムパンツは極力避けた着こなしを

デニム素材のジーンズは本来”作業着”として販売されたもの。
現代では服装のマナーについて厳しい規定はないものの、極力デニムパンツは避けた方がよりきちんと感が出ます!
デニム素材がマナー違反なわけではありませんが、初詣などのデートの雰囲気もパンツコーデはきれいめな着こなしがオススです♡

神社や寺に初詣!おすすめのコーデを紹介

様々なおしゃれさんの中で、初詣時にオススメなコーデを写真と一緒にご紹介します♡
是非参考にして、初詣デートで素敵女子の仲間入りをしましょう!

白のムートン×グレーのV字ネックワンピース

ムートンコートとVネックのひざ下丈ワンピースを着用*
ムートンコートは参拝時に大丈夫なのか不安に思われる方もいますが、通常の初詣などは大丈夫。
マナーにも寒さにも安心して着こなせること間違いなしです♩
コートを着た女性画像
参照:WEAR-erikoさん

テーラードジャケット×プリーツスカート

テーラードジャケットにプリーツスカートを組み合わせたオトナきれいめコーデ♡
初詣の際はもう少し寒さ対策を加えた方がいいですが、清潔感もあり魅力的な着こなしです。
タートルネックもしっかりと首回りを温めてくれて安心♩
プリーツを着た女性の画像
参照:WEAR-harekoさん

ウール素材のニット×赤のタイトスカート

暖かなウール素材のニットを着こなしたコーデ♡
タイトなシルエットできちんと感も出て、品のある雰囲気になってますね!
全体的にIラインも強調されるのでとってもスタイル良く見えること間違いなしです*
赤のタイトスカートを着た女性
参照:WEAR-soliさん

ノーカラーロング丈コート×ベルト付きワイドパンツ

首元をスッキリと見せることができるノーカラーコートを着用したコーデ*
首元が詰まったデザインのトップスとの相性も良くて、マフラーなどを加えてもきれいなシルエットになります。
ワイドパンツの素材はシワのできにくい素材のため、しっかりした雰囲気も出て参拝時のパンツコーデとして安心のアイテムですね♡
ノーカラーコートを着た女性
参照:WEAR-h&aさん

黒のパンプスと小物×テーパードパンツ

黒やネイビーなど暗い色を基調としたコーデ*
落ち着いた雰囲気も出て、清潔感もばっちり♡
パンツはテーパードパンツで、しっかりとした印象を相手に与えましょう♩
テーパードパンツを着た女性
参照:WEAR-erikoさん

ダウンコート×黒のテーパードパンツ

スッキリとしたラインのダウンコートを着用*
全体的にスリムな着こなしになりますね。
全体の配色がまとまっているので、より清潔な印象を相手に持たせらそう♡
ダウンコートを着た女性の画像
参照:WEAR-airiさん

白のニットワンピース×ダウンジャケット

白のざっくりニットワンピースを着用したコーデ♡
カジュアルな着こなしですが、タイツで露出を控えてます。
スニーカーなので歩きやすく、参拝後の買い物などもラクチン♩
ニットワンピースを着た女性の画像
参照:WEAR-pixyonさん

初詣で正しい参拝マナーをこなした女性になろう

正しい参拝マナーとは地域や場所によっても変わるもの。
もし彼との予定が決まっていたら、インターネットで初詣先を検索しておきましょう♩
TPOに合った参拝マナーを完璧にすれば、素敵な女性へ成長できちゃうかも♡
夜の神社の画像

ライター紹介
Lisa
Mimia編集部 ライター兼スタイリストのLisaです*

♡ブランド:REDYAZEL,MERCURYDUO,dazzlin
♡趣味:ダイエット,映画鑑賞,散歩,ゲーム
『たくさんの人にオシャレの楽しさや、努力の仕方などの"可愛い"を共感したいと思ってます♡』
≪TFCとTBCのモデル経験あり≫

Lisaのインスタグラムはこちら♡